デモトレード17日目

イグジットルールを一部変更して2日目のトレード。
イグジットタイミングは、良いものもあり、改善すべきものもあり、でした。

20160706_bottomscan

ロングサイド

ロングサイドは、36分の時点で全滅。ルールによりロスカットです。
オフィシャルにあるようにTSROがホールドできたかできなかったかが、明暗を分けたようです。
現ルールでは仕方がありませんね。

WFM
20160706_wfm
1000株 -240ドル

TSRO
20160706_tsro
500株 -190ドル

ESRX
20160706_esrx
500株 -60ドル

LRCX
20160706_lrcx
500株 -180ドル

SPLK
20160706_splk
1000株 -210ドル

ショートサイド

AVGO
20160706_avgo
新ルールによるイグジットです。
45分の足がその前の陰線を飲み込んだ(抱き線)のでイグジットしました。
いいタイミングだったようです。
500株 +305ドル

INTC
20160706_intc
48分時点でのイグジットを考えましたが、その前の45分の足が長い上ヒゲだったので、ホールドを選択。
しかしよく見ると、45分の足はその前の陰線を飲み込んでいました。
48分(1本前)でのイグジットが正解だったようです。
1000株 +40ドル

SWKS
20160706_swks
陰線を飲み込んだ(抱き線のフォーメーションになった)のでイグジット。
オフィシャルでは、イグジットは1番長い陰線の直後となっています。これをトレード中に判断するのは今はまだ難しいかも?
1000株 +90ドル

NXPI
20160706_nxpi
旧ルールでのイグジット条件と同じ2本連続の陽線でイグジットしましたが、よく見ると39分の足はその前の陰線を飲み込んでいます。
1本早くのイグジットが正解でした。
500株 +190ドル

CTSH
20160706_ctsh
ハイローバンドの傾きが緩やかになってきたことと、51分の足が同時線になり、かつ次の足が上で始まったので、いわゆる「明けの明星」のフォーメーションが高いと考えイグジット。
ベストとは言いませんが、まあまあいい位置でのイグジットだったと思います。
1000株 +360ドル

20160706_result

新ルールでのイグジットは、もう少し訓練が必要です。特に「抱き線」を見逃さないように!
また今回、エントリー時の執行ミス(ボタンを押したつもりが押せてなかった)がひとつありました。

今回は、トレードを楽しむ余裕が少しですが感じられました。少しずつ前に進めているようです。