デモトレード29日目

今週になって(と言うか最後の日でしたが)、ようやく納得できるトレードができました。

課題のひとつ「利を伸ばす」ことはある程度できた気がします。
ただもうひとつ残っている大きな課題は、適切な銘柄選択。引き続きの課題です。

今回のトレードでは、事情があり、CQGではなくトレードステーション(マネックス証券)でチャートを表示させトレードしました。
なので、この検証もトレードステーションの画面を使っています。

ナスダック指数(QQQ)
20160722_qqq_30s_ts
指数は若干のギャップアップ後、下落しました。

20160722_bottomscan

ロングサイド

BIIB
20160722_biib_30s_ts
下落しているのでエントリー候補にならず。

PVTB
20160722_pvtb_30s_ts
全般的に出来高がない銘柄のようです。エントリー候補にならず。

CHTR
20160722_chtr_30s_ts
上昇しているためエントリー候補に。

CMCSA
20160722_cmcsa_30s_ts
よく見ると、陽線が陰線を飲み込んだところ。見逃していました。エントリー候補にせず。

RGLD
20160722_rgld_30s_ts
上昇ではあるようですが、出来高が少なそうだったので候補にしませんでした。

ショートサイド

SWKS
20160722_swks_30s_ts
問題なくエントリー候補に。

AVGO
20160722_avgo_30s_ts
同じく候補に。ディセンディングトライアングルを形成しています。

ADP
20160722_adp_30s_ts
今から見ると、エントリー候補にしても良かったようです。

TXN
20160722_txn_30s_ts
逆行しているのでNG。

CTSH
20160722_ctsh_30s_ts
こちらも逆行のためNG。

エントリーした銘柄

ロングサイド
CHTR

ショートサイド
SWKS、AVG

CHTR
20160722_chtr_ts
このチャートでは39分の足が陰線になっていますが、トレード時には短い陽線であったように思います。
(トレードステーションでは、リアルタイムのチャートの形と、後から取得するチャートでは形が違うことがあるようです。データ容量を節約するために間引いているのかもしれません)
もしかすると、トレード時にこのような陰線であったら、この時点でイグジットしていた可能性がなきにしもあらずです...
200株 +302ドル

SWKS
20160722_swks_ts
よくがんばってくれた銘柄。イグジットもいいタイミングだったようです。
500株 +805ドル

AVGO
20160722_avgo_ts
序盤からやきもきした銘柄。これ以上伸びないと判断しイグジットしました。
300株 -54ドル

20160722_result

終盤までホールドしていたCHTRとSWKSですが、ある程度のゲインがあったので、すぐにでもイグジットしたくてウズウズしていました。ですがここは我慢して「利を伸ばす」ことに徹することに。そのかいもあって、若干ですが利益をより増やすことができました。

ただこの感覚が十分身についたかというとそこまでの自信はなく、しばらくのトレーニングが必要のようです。

もうひとつの大きな課題である銘柄選択ですが、苦手な(見落としがちな)ローソク足フォーメーションがわかってきました。今回のCMCSAのようなプルバック中の「飲み込んでいる形」のもの。
27日目のPCARもそうですが、飲み込みブル(あるいはベア)の選択に意識を向けなければいけません。