デモトレード30日目の内容について

オフィシャルのブログで、こんな記事を書いてもらっていました。

チャートの見やすさは大事

デモトレード30日目に対するアドバイスです。

この記事では、チャートの見やすさのアドバイスだけではなく、イグジットのタイミングについて今後のトレードにとても役立つ内容となっています。

せっかくなので、この記事の内容で重要と思った点を自分なりの解釈でまとめることにしました。

チャートのサイズについて

できるだけ多くのローソク足を表示した方がいいという漠然とした考えで横長のウィンドウで表示していました。
スクエアか縦長の方がいいというのは思ってもみなかったこと。試す価値はありそうです。

最大のゲインとなる可能性の高いポイントを常に意識する

この日のEBAYやADBEは、ロングサイドとショートサイドに序盤から勢いよく伸びた銘柄。
勢い良く伸びた分、その反動はあるということ。

なので、「最大のゲインとなる可能性の高いポイント」はその伸びきったタイミングの可能性が高い。
そこがレンジアベレージなどの反転の可能性があるポイントならなおさら、ということですね。

利益を伸ばすためには、ハイバンド(トレンドライン)を割らなければ放っておく

この日のトレードで一番の問題だったのがYHOO。見切りが早すぎました。

「下げる様子がなければ見切ってもいい」というルールのかわりに
「上がり始めたら見切ってもいい」としたほうがいいでしょう。

なるほどこのルールなら、今回のYHOOはホールドできていました。

今までやってきて思ったのは、株の動きには大きく分けて2つあること。

この回のEBAYやADBEのように一気に動く銘柄。長いローソク足が数本続くケースです。
もうひとつは、YHOOのように徐々に動く銘柄。ハイローバンドに沿って動くケースです。

一気に動くケースでは、イグジットのタイミングを失うと一気にゲインが減るため、瞬間的な判断が必要でしょう。
それに対して徐々に動くケースでは、「ハイローバンド内であれば放っておく」のがいいのではないかと考えています。

手仕舞いするためには「呑み込み」などの単独条件だけでは十分ではないケースが多い
できるだけフィボナッチのガイドラインや、レンジアベレージとの複合条件で決めること

これはまさにその通りと思うように最近なってきました。
特に徐々に動く銘柄のプルバックは逆の色が飲み込むことが多いもの。だからといってイグジットのサインではない、ということですね。
イグジットには総合的な判断(相場の状況だけでなく、そのときの実損益も含めて)が必要ということです。

現在の利益がいくらなのかをしっかり把握すること
ホールドしている銘柄をどういう順番で手仕舞いすれば、トータルのゲインが増えるのか?

これが最もキモになるのかな、と。

ひとつの考え方として、指数が上昇していればロングサイドが伸びやすいし、下落していればショートサイドが伸びやすい。
トータルのゲインを最大化するためには、指数が上昇しきったところでロングサイド銘柄を手仕舞い、ショートサイド銘柄はホールド。その後下降トレンドになってからショートサイド銘柄を手じまう。

そんなやり方、ということでしょう。

まだまだ実行できていないこと、たくさんあります。

「デモトレード30日目の内容について」への2件のフィードバック

  1. いやー

    同じ銘柄を、同じ時間にトレードして、脱出は3者3様。

    ホント、トレードは面白いですよね。

    銘柄選択は、自身も、tokyojoeさんも
    いい線行ってると思うんですよねぇ。

    後は脱出。
    自身もここでかなりもがいている感じです。

    明確な、コレ!という基準さえ見つかれば・・・

  2. かんきちくん、コメントありがとうございます。
    そうですね、エントリーのタイミングは同じでも、イグジットはその人の性格が出るというか...

    イグジットに関しては、思うに、コレ!という明確な基準はないと思うんですよ。
    チャートの形、相場の状況、そのときの含み益(損)の状況などを総合的に判断して、というか、相場の空気を肌感覚で感じるというか。
    一朝一夕にできないのもそのせいかなと思ったりしていて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)