デモトレード34日目

今回は、7月の最後のトレードでもあり、またここ2日あまりいいトレードができていなかったこともあって、意気揚々の気持ちでオープンを向かえました。

そういう前のめりの気持ちがあだになったのかもしれません。本来エントリーすべきでない銘柄に「エイッ」とばかりにエントリーしてしまいました。

20160729_bottomscan

ナスダック指数
20160729_comp_30s
指数はギャップアップ後、方向感のない展開に。
エントリー前にこのチャートをよく見ていれば、「ノーエントリーになるかも?」という予測ができたかもしれません。

ロングサイド

PCAR
20160729_pcar_30s
本来エントリーすべきでない銘柄。「エイッ」とばかりにエントリーしてしまいました。

EXPE
20160729_expe_30s
下げているのでエントリー候補外に。

WYNN
20160729_wynn_30s
上昇トレンド。エントリー候補です。

SBUX
20160729_sbux_30s
WYNNと同じく。エントリー候補に。
ちなみに、オフィシャルではエントリー候補は、このSBUXとWYNNのみ。つまりノートレードとなっています。

NXPI
20160729_nxpi_30s
これもエントリーしてしまいました。今こうして見ると、なぜ候補になったのか?

ショートサイド

34分の時点で感じたのは、ショートサイドは見事に全滅。
指数にトレンドが出ていないと、こういうことになるのでしょうか。

WDC
20160729_wdc_30s
ショートサイドは、逆行しているため全てNGです。

AMTD
20160729_amtd_30s

CTSH
20160729_ctsh_30s

FB
20160729_fb_30s

STMP
20160729_stmp_30s

エントリーした銘柄

ロングサイド
PCAR、WYNN、SBUX、NXPI

ショートサイド
なし

ナスダック指数 3分足
20160729_comp
ナスダック指数は、序盤は方向感のない展開。その後下落し反転、上昇しました。

今回エントリーした銘柄は、全て損切り。
損切りのタイミングは、昨日から採用している30秒足の20MAを割ったときです。

PCAR 30秒足
20160729_pcar
1000株 -60ドル

WYNN 3分足
20160729_wynn
今回、唯一ゲインが見込めたので、3分足でのイグジットを、と考えていた銘柄。
しかしすぐに下落。しかも急激だったので、ロスカットラインを大きく割った後のイグジットとなってしまいました。
以下は30秒足。

30秒足
20160729_wynn_2
気がついた時には、ロスカットラインを大きく下回っていました。
500株 -350ドル

SBUX 30秒足
20160729_sbux
こちらも20MAを割れそうだったのでイグジット。
見事に高値をつかんでしまっていました。
1000株 -80ドル

NXPI 30秒足
20160729_nxpi
WYNNと同じく急激に戻した銘柄。
20MAを割りそうだったのでイグジット。
500株 -150ドル

20160729_result

今回の反省点としては、エントリーする銘柄の選択です。
最近の傾向として、この点にミスが目立ちます。チャートの見やすさの調整など、工夫が必要です。

また今回、図らずもたくさん検証できたロスカット銘柄の30秒足の20MAでのイグジットは、小さなロスで終われることが多いようです。
特に問題が無ければ、この方式で続けたいと思います。

もうひとつ教訓になったのは、トレンドに乗ったように思った銘柄(今回ではWYNNやNXPI)も、急速に反転することがあること。
安心してはイケナイということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)