デモトレード39日目

プルバックなのか?トレンド反転なのか?

今回は、この難しい判断を迫られたトレードとなりました。

20160805_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20160805_comp_30s
序盤は若干下げましたが、その後大きく上昇して行くことになります。

ロングサイド

LRCX
20160805_lrcx_30s
逆行しているのでNG。

NXPI
20160805_nxpi_30s
同じく逆行のためNG。

AAL
20160805_aal_30s
上昇中。エントリー候補に。

JUNO
20160805_juno_30s
乱高下しています。候補になりません。

AAPL
20160805_aapl_30s
上昇トレンドと判断し、エントリー候補にしました。

ショートサイド

CTSH
20160805_ctsh_30s
逆行しているためNG。

CSCO
20160805_csco_30s
こちらもNG。

VIAB
20160805_viab_30s
大きく下げているのでエントリー候補にしました。

IBB
20160805_ibb_30s
形が今一歩ですね。候補外です。

CMCSA
20160805_cmcsa_30s
反転上昇を始めているのでNG。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AAL、AAPL

ショートサイド
VIAB

34分の時点では、ロングサイドの2銘柄しか候補にならないかと思っていましたが、最後の30秒でVIABが下落。
これら3銘柄でのエントリーとなりました。

ナスダック指数 3分足
20160805_comp
指数は序盤は少し下げましたが、その後一気に上げて行きました。

AAL
20160805_aal
指数の上げにもかかわらず、なかなか上昇せず。
この後も買値付近でうろうろしていました。
1000株 +140ドル

AAPL 3分足
20160805_aapl
指数があれほど上げているのにも関わらず、なぜ上げないんだろうとジリジリしていた銘柄。
30秒足の下落を見て、ここまでかと思いイグジットしました。
もう少し待つべきでしたね。判断が早すぎたようです。

AAPL 30秒足
20160805_aapl_2
縦線はエントリーとイグジットのタイミング。
この下落を見てイグジットしました。
ここまで下落したのなら、損失覚悟でホールドという手がよかったかもしれません。
500株 +65ドル

VIAB
20160805_viab
損切りは、粘ってしまうためどうしても判断が遅くなってしまうようです。
1000株 -220ドル

20160805_result

今回は、AAPLの早期のイグジットが問題でした。指数が強かったので、それを信じて待つべきでしたね。