デモトレード40日目

今回はノートレードとなりました。
週末にいろいろと考えて試してみたかったことがあるのですが、こればっかりは仕方がありません。

20160808_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20160808_comp_30s

ロングサイド

INTC
20160808_intc_30s
いい形です。エントリー候補に。

NXPI
20160808_nxpi_30s
最後の足が飲み込んでいます。候補外です。

SWKS
20160808_swks_30s
逆行しているためNG。

ALXN
20180808_alxn_30s
こちらもNG。

AVGO
20160808_avgo_30s
あまりエントリーしたくはない形ですね。候補外です。

ショートサイド

KHC
20160808_khc_30s
下げトレンド継続中。候補です。

VIAB
20160808_viab_30s
逆行しているようです。NGです。

CELG
20160808_celg_30s
こちらも逆行のためNG。

BMRN
20160808_bmrn_30s
完全に逆行しています。候補外です。

SBUX
20160808_sbux_30s
こちらもエントリーしたい形ではありません。候補外です。

今回は、エントリーできる銘柄がINTCとKHCのふたつだけだったためノートレードでした。

ナスダック指数 3分足
20160808_comp

指数は、36分までは上昇トレンド、その後転換し下降トレンドになりました。
指数がこのような動きをするときには、36日目37日目のようにたいていやられています。

今回はトレードしなくて正解だったかもしれません。

なお、今日(8/9)の夜は都合によりトレードができないのが残念。
明日に期待します!

—-
追記

後でオフィシャルのトレード記録を見ると、INTC、KHCに加えて、VIAB、SBUXもトレード候補として挙げており、トレードを実行しています。

そのVIABとSBUXを選んだ根拠は、3分足の236ガイドラインを超えているから、ということです。

今までは、エントリーの判断を30秒足でしかしていなかったのですが、3分足での判断も必要のようですね。

ちなみに、VIABとSBUXの3分足の様子が以下。

VIAB 3分足
20160808_viab
34分30秒では43.55付近ですから、ピンク色の236ガイドラインよりわずかに下。
その後のプルバックでは150ドル以内に収まっているのでホールド。その後の大きな下げを獲得、ということになります。

SBUX 3分足
20160808_sbux
こちらも同じく236ガイドラインの下、55.77でエントリーしたとすると、プルバックは許容範囲内。
VIABと同じく大きなゲインが見込めていました。

ちなみに、30秒足がVIABと似ているCELGの3分足はこれ。

CELG 3分足
20160808_celg

34分30秒では115.10付近。236ガイドラインの上側にあります。

ただこの銘柄にエントリーしていたとしても、ロスカットラインの115.40にはヒットせず。
その後の下げを獲得することはできていたようです。(途中のプルバックに耐えられれば、の話ですが)

ただ気になるのは、VIABやSBUXとは違い、指数が下げていても序盤のしばらくの間は下げていないこと。
236ガイドラインが抵抗になって下げ渋っているようにも見えます。

指数がここまで強く下げていなければ、反発していたかもしれません。

ということはやはり、236ガイドラインは強力なレジスタンス・サポートと考えるべきであり、エントリーの判断に利用できる、ということなのでしょう。