デモトレード45日目

週末にオフィシャルの方で、先を読むチカラという記事を書いてもらっていました。

これは、改善に直結する具体的なもの。せっかくなので、この週末に多くの時間を割いてこの内容を確認しました。

特に236ガイドラインの使い方を重点的に、今までの自分のトレードとオフィシャルの違いを洗い出す作業を行いました。

20160815_bottomscan

ナスダック指数
20160815_open_comp
指数はギャップアップ後、上昇傾向にありました。

ロングサイド

EBAY
20160815_open_ebay
上昇傾向にあります。エントリー候補です。

AMGN
20160815_open_amgn
こちらもエントリー候補です。

STX
20160815_open_stx
同じくエントリー候補にしました。

CMCSA
20160815_open_cmcsa
長い上ヒゲが出ています。候補にできません。

KHC
20160815_open_khc
こちらも逆行しているため候補にできず。

ショートサイド

BIIB
20160815_open_biib
エントリー直前まではいい形だったのですが。急激に上昇したので候補にならず。

ATVI
20160815_open_atvi
こちらも候補にしにくいです。

CSCO
20160815_open_csco
逆行のためNG。

SBUX
20160815_open_sbux
候補にしました。というのも、この銘柄のエントリーをしたのが34分54秒と、35分近く。
すでに以下のような陰線の足ができつつある状況でした。

20160815_open_sbux_2
この形であれば、エントリーしても悪くはないのかなと思います。

AVGO
20160815_open_avgo
逆行しています。下ヒゲもたくさん出ているので候補になりません。

エントリーした銘柄

ロングサイド
EBAY、AMGN、STX

ショートサイド
SBUX

ナスダック指数 3分足
20160815_comp_3m
指数はその後も上昇を続けました。

EBAY 30秒足
20160815_ebay_30s
3分足で見るとわかりますが、1本目ですでに長い上ヒゲが出ており、2本目、3本目もそれを超せないでいます。
トレード中はそのことが頭にあったので、上ヒゲ以上に行く可能性は大きくはないと感じていました。

EBAY 3分足
20160815_ebay_3m
できれば少しのプラスで終わりたかったのですが、結果は若干のマイナスになってしまいました。
1000株 -10ドル

AMGN 30秒足
20160815_amgn_30s
EBAY、STXと、ロングサイドが伸びない中、唯一生き残っていた銘柄。
300株なので大きく伸ばさないといけないのはわかっていたのですが、指数がショートサイドに転換を始めたように見えたのでイグジットしました。

AMGN 3分足
20160815_amgn_3m
3分足チャート的には、まだまだホールドできる形だったようです。
300株 +222ドル

STX 3分足
20160815_stx_3m
3分足の3本目が同時足と、嫌な形になりました。伸びる余地がないと判断しイグジットしました。

3分足を後から見ると、緑色のラインでサポートされているように見えます。

150ドルのロスカットラインの内側なので、ホールドする手もあったのか?今のところは判断がつきません。

STX 30秒足
20160815_stx_30s
ちなみに、オフィシャルでは30秒足の20MAを切ったという理由でイグジットしています。
1000株 +60ドル

SBUX 30秒足
20160815_sbux_30s
オフィシャルでは選択していなかった銘柄。
結果的には底でのエントリーになってしまいました。
イグジットはもう少し早くても良かったかもしれません。

SBUX 3分足
20160815_sbux_3m
3分足で見ると、1本目が長いのが分かります。
1000株 -110ドル

20160815_result

週末に検証した内容は、236ガイドラインでのサポートとレジスタンスでしたが、今回のトレードでは残念ながらそれを活かすシーンはありませんでした。

トレードを終えて感じたのは、ローソク足のフォーメーションを意識して、イグジットの判断に活かすことはできつつあるように思います。

ですが、利益を伸ばすという点はまだまだですね。今後の大きな課題です。