デモトレード84日目 米国ナスダックマーケット 10日(月)

今回はなんとか勝てたという印象。
一瞬で大きな損失を被る銘柄が大きく足を引っ張りました。
20161010_result

ボトムスキャン
20161010_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161010_open_comp
指数はマーケット開始後、ロングサイドへ。

ロングサイド

FANG
20161010_open_fang
順調に上昇中。エントリー候補に。

SWKS
20161010_open_swks
上げ止まっているように見えましたが、一応候補に。

AAL
20161010_open_aal
逆行し始めているよう。候補外です。

NXPI
20161010_open_nxpi
ハイローバンドが上向きということで、候補にしました。

LRCX
20161010_open_lrcx
こちらも候補に。

ショートサイド

MYL
20161010_open_myl
選ぼうかと迷いましたが、指数が上昇しているので候補にしませんでした。

PYPL
20161010_open_pypl
逆行しているのでNG。

CTSH
20161010_open_ctsh
こちらも逆行。候補外です。

CHTR
20161010_open_chtr
出来高がなく値が飛んでいます。選べません。

SRPT
20161010_open_srpt
逆行しています。候補外です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
FANG、SWKS、NXPI、LRCX

ショートサイド
なし

指数が上昇しているせいか、エントリーはロングサイドばかりになりました。

ナスダック指数 3分足
20161010_comp_3m
指数は一貫してロングサイドへ移行しました。

FANG 30秒足
20161010_fang_30s
一瞬にして大きな損失に。

FANG 3分足
20161010_fang_3m
この銘柄は、ボトムスキャンに表示されているように、エントリー時にはすでにレンジアベレージの84%と、とても大きな値になっていたこと。
この値が大きすぎるというのも、考えものなのかもしれません。
500株 -445ドル

SWKS 30秒足
20161010_swks_30s
ロスカットを少し早まりました。20MAとのクロスを待つべきでしたね。
大きな損失を抱えると、どうしても気持ちが焦るようです。

SWKS 3分足
20161010_swks_3m
ロスカット後は急上昇するも、後が続かず。
500株 -20ドル

NXPI 30秒足
20161010_nxpi_30s
天井を付けたようなのでイグジットです。

NXPI 3分足
20161010_nxpi_3m
手仕舞いの位置としては、ベストに近いところか。
500株 +140ドル

LRCX 30秒足
20161010_lrcx_30s
これがホールドする最後の銘柄になったとき、確定の損失は300ドルちょっと。
せめて少しでいいのでプラスで終わらせようという思いがありました。

LRCX 3分足
20161010_lrcx_3m
今回は、始めから大きめの損失を抱えてしまったため、プルバックを我慢する余裕はありませんでした。
500株 +350ドル


今回は、なんとか損失を出さなくて済んだという感じ。

大きな利益を追う前の段階として、ブレイクイーブンで良しとする意識の方がいいのかもしれません。少なくともしばらくの間は。

ところで、エントリーの判断に迷ったMYLのその後がこれ。

MYL 30秒足
20161010_myl_30s
エントリー直後に急上昇し、始値くらいまで戻しています。
ここで損切りすると、最大で600ドルくらいの大きなマイナス。

MYL 3分足
20161010_myl_3m
損切りがなければ1000ドルくらい取れていたケースです。