デモトレード95日目 米国ナスダックマーケット 26日(水)

今回は、アドバイスにもあったレジスタンス・サポートを意識してトレードを行いました。
大きくこそは取れませんでしたが、少し進歩が感じられた印象です。
20161026_result

ボトムスキャン
20161026_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161026_open_comp
指数は大きくギャップダウン後、ショートサイドへ。

ロングサイド

WBA
20161026_open_wba
戻しています。候補外。

WDC
20161026_open_wdc
こちらも同じく。候補外です。

COST
20161026_open_cost
ロングサイドで唯一候補になる銘柄。

SWKS
20161026_open_swks
逆行?候補にせず。

EA
20161026_open_ea
逆行しています。候補外。

ショートサイド

CMCSA
20161026_open_cmcsa
プルバックが終わってダウントレンドと見るには厳しいか?候補にせず。

VRTX
20161026_open_vrtx
大きく逆行。NGです。

ESRX
20161026_open_esrx
ダウントレンド。候補にしました。

AMZN
20161026_open_amzn
上げつつある?候補にせず。

CSCO
20161026_open_csco
いい形。エントリー候補です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
COST

ショートサイド
ESRX、CSCO

ナスダック指数 3分足
20161026_comp_3m
指数は終始、方向感のない展開。

COST 30秒足
20161026_cost_30s
一度は大きく下げましたが我慢。その後ダブルトップを形成しました。

COST 3分足
20161026_cost_3m
今回は、レジスタンスやサポートをよく把握するために3分足の確認も怠らないようにしました。

2本の長めの上ヒゲとサポートとなる20MAをギャップダウンで下抜いたのが手仕舞いの判断材料となりました。
400株 -128ドル

ESRX 30秒足
20161026_esrx_30s
一度、含み益から含み損になりました。いつもならここで手仕舞っていたところですが、3分足でのレジスタンスを信じてホールドし続けたのが良かったようです。

その後に大きく下落。
3分足ではかなり長い陰線だったので、さすがにここまでかと思っていたところ、陽線が見えたので手仕舞いました。

ESRX 3分足
20161026_esrx_3m
71ドル近辺のブルーの236ガイドラインがレジスタンスとなりました。

その後の大陰線の直後に手仕舞うかどうか迷いましたが、陽線が見えてきたので手仕舞い。
ただこの手仕舞いは少し早かったよう。

初めて見るチャートの形でした。
500株 +220ドル

CSCO 30秒足
20161026_csco_30s
ほぼ底値でのエントリー。
底打ち感の後に上昇したのでロスカット。

CSCO 3分足
20161026_csco_3m
ロスカット後は上昇しました。
1000株 -90ドル


今までなら手仕舞っていたであろうところでホールドできたのは、進歩が感じられた点です。
この感覚が定着するよう、常に意識していきたいと思います。