デモトレード87日目 米国ナスダックマーケット 14日(金)

今回のトレードは、理想的とは言わないまでも、昨日までとは少し進歩した印象。
逆行を我慢する意識を強く持って臨んだのがよかったようです。

20161014_result

ボトムスキャン
20161014_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161014_open_comp
指数はギャップアップ後、方向感のない展開。

ロングサイド

TXN
20161014_open_txn
逆行しています。候補にならず。

ATVI
20161014_open_atvi
こちらも逆行。NGです。

EA
20161014_open_ea
同じくNG。

SWKS
20161014_open_swks
ハイローバンドのトレンドラインが上向きということで候補にしました。

FSLR
20161014_open_fslr
こちらも候補に。今から見るとNGだったか?

ショートサイド

BIIB
20161014_open_biib
大きく逆行しているため候補にせず。

WBA
20161014_open_wba
候補にできていたようです。実際は選ばず。

AMGN
20161014_open_amgn
候補にしました。

INCY
20161014_open_incy
出来高に難があるのと、逆行のため候補外。

SBUX
20161014_open_sbux
こちらも逆行中。候補外です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
SWKS、FSLR

ショートサイド
AMGN

ナスダック指数 3分足
20161014_comp_3m
指数は終始、方向感のない展開。

SWKS 30秒足
20161014_swks_30s
よくよく見ると、79.45を天井にダブルトップを形作っていました。
ダブルトップ完成直後にイグジットが正解だったか?

SWKS 3分足
20161014_swks_3m
イグジット後は下落しています。
500株 +275ドル

FSLR 30秒足
20161014_fslr_30s
この銘柄とSWKSはほぼ同じチャートの形となっており、急落したタイミングも同じでした。
今までならどちらもイグジットしていましたが、今回はこの銘柄だけイグジットしました。

FSLR 3分足
20161014_fslr_3m
もう一段上がありました。
1000株 +170ドル

AMGN 30秒足
20161014_amgn_30s
急激に上昇してきたので、1本様子を見たのですが、それでも大きく戻してきたのでロスカット。

AMGN 3分足
20161014_amgn_3m
損切り後は上昇。
300株 -72ドル


今回ゲインのあったのは、ロングサイドの2銘柄、SWKSとFSLR。
両方とも逆行を我慢できれば良かったのですが、なかなかそうもいかず。
FSLRだけイグジットしました。

一方のSWKSは、その後、できるだけホールドする意識でチャートを見続けました。
結果、まずますのタイミングで手仕舞えたようです。

全体的には、昨日までと較べると少しは良いトレードができたかな、という印象です。

ただ、明日からは週末でしばらくトレード無し。
この同じ意識を持って月曜もできるか、少々心配ではあります。

ところで、エントリー候補になっていたであろうWBAのその後がこれ。

WBA 3分足
20161014_wba_3m
良くてブレイクイーブン。ロスカットになっていた可能性が高そうです。

デモトレード86日目 米国ナスダックマーケット 13日(木)

今回はかろうじてトータルでプラス。
プラスで終えられたのは運が良かったというトレードでした。
20161013_result

ボトムスキャン
20161013_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161013_open_comp
指数は序盤、方向感のない展開。

ロングサイド

ESRX
20161013_open_esrx
上昇中。エントリー候補に。

ALNY
20161013_open_alny
こちらもエントリー候補。

TSRO
20161013_open_tsro
こちらも候補にしました。

AAPL
20161013_open_aapl
逆行しているためNG。

COST
20161013_open_cost
こちらもNGとしました。

ショートサイド

KLAC
20161013_open_klac
反転上昇中。エントリー候補外。

STX
20161013_open_stx
こちらも反転しています。候補外。

EA
20161013_open_ea
最後の足はハイローバンドのトレンドゾーンの上部にあります。こちらも候補外。

WDC
20161013_open_wdc
こちらも候補外。

FB
20161013_open_fb
同じく選べません。

エントリーした銘柄

ロングサイド
ESRX、ALNY、TSRO

ショートサイド
なし

ナスダック指数 3分足
20161013_comp_3m
指数は終始方向感のない展開。

ESRX 30秒足
20161013_esrx_30s
エントリー後、しばらくして急落。

ESRX 3分足
20161013_esrx_3m
損切り後は下落しました。
500株 -70ドル

ALNY 30秒足
20161013_alny_30s
こちらも急落。急落し始めに手仕舞えたので、ある程度の利益が残りました。

ALNY 3分足
20161013_alny_3m
急落後、ロングサイドに大きく上昇しています。
1000株 +340ドル

TSRO 30秒足
20161013_tsro_30s
こちらもALNYと同じタイミングで急落。

TSRO 3分足
20161013_tsro_3m
こちらも急落後、ロングサイドへ大きく動いています。
500株 -145ドル


今回エントリーした3銘柄は全て急落。
そのうちALNYとTSROはその後上昇しています。

このパターンでいつも利益を取り逃していますが、なかなか改善することができずにいます。

都合により休みました 12日(水)

今回は、体調不良のためトレードせず。
急に寒くなったので風邪をひいてしまったよう。気をつけないといけませんね。

長時間チャートを見続けていると、かなり体力を奪われてしまうので安静を取ることにしました。

なので、今回はボトムスキャンとチャートだけの掲載です。

ボトムスキャン
20161012_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161012_open_comp
指数はギャップはなく、ショートサイドへ。かなりの勢い!

ロングサイド

ADBE
20161012_open_adbe

WDC
20161012_open_wdc

EBAY
20161012_open_ebay

EXPE
20161012_open_expe

NFLX
20161012_open_nflx

ショートサイド

TXN
20161012_open_txn

KLAC
20161012_open_klac

INTC
20161012_open_intc

QCOM
20161012_open_qcom

NVDA
20161012_open_nvda

エントリーできたであろう銘柄は、ロングサイドのNFLXと、ショートサイドの全5銘柄。
やはり指数の下げの勢いの影響が大きかったようです。

その後のそれらの銘柄の様子。

NFLX 3分足
20161012_nflx_3m

TXN 3分足
20161012_txn_3m

KLAC 3分足
20161012_klac_3m

INTC 3分足
20161012_intc_3m

QCOM 3分足
20161012_qcom_3m

NVDA 3分足
20161012_nvda_3m


ショートサイドは、序盤にあれだけ下げた反動で大きく戻すものが多かったようです。

デモトレード85日目 米国ナスダックマーケット 11日(火)

今回は、上手くやればプラスで終われたはずのトレード。
ずっとある課題がなかなか克服できません。
20161011_result

ボトムスキャン
20161011_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161011_open_comp
指数はギャップダウン後、ショートサイドへ。

ロングサイド

CMCSA
20161011_open_cmcsa
反転下落しています。候補にならず。

AAPL
20161011_open_aapl
上昇中。エントリー候補です。

COST
20161011_open_cost
下落しています。NGです。

FSLR
20161011_open_fslr
こちらもNG。

FB
20161011_open_fb
上昇中。エントリー候補です。

ショートサイド

LRCX
20161011_open_lrcx
若干逆行気味か。候補にせず。

KLAC
20161011_open_klac
逆行しています。候補外です。

TSRO
20161011_open_tsro
ダウントレンド継続中。エントリー候補。

INTC
20161011_open_intc
こちらも候補に。

TXN
20161011_open_txn
同じく候補です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AAPL、FB

ショートサイド
TSRO、INTC、TXN

ナスダック指数 3分足
20161011_comp_3m
指数は一貫して下落しました。

AAPL 30秒足
20161011_aapl_30s
指数が下落する中でもなんとかふんばって耐えていましたが、それも限界だったよう。
急落したので損切りです。

AAPL 3分足
20161011_aapl_3m
損切り後は下落しました。
500株 -95ドル

FB 30秒足
20161011_fb_30s
本来は20MAとのクロスを待つべきでしたね。

FB 3分足
20161011_fb_3m
いずれにしても、下落しました。
400株 -72ドル

TSRO 30秒足
20161011_tsro_30s
エントリー直後に急上昇!
こういうのは対処のしようがなし。

TSRO 3分足
20161011_tsro_3m
下ヒゲでのエントリーになってしまいました。
500株 -280ドル

INTC 30秒足
20161011_intc_30s
20MAを上抜いたのでイグジットしたのですが。

INTC 3分足
20161011_intc_3m
こうやって見ると、なぜそこでイグジットしたのかと思います。
1000株 +10ドル

TXN 30秒足
20161011_txn_30s
30秒足の20MAとのクロスでイグジット。

TXN 3分足
20161011_txn_3m
そろそろ、20MAとのクロスまで待つことを覚えなければいけないのですが...
500株 +220ドル


多少の逆行でイグジットしてしまうのが、ずっとある課題。
このトレード手法を全面的に信頼できていないのが大きな原因のような気がします。

デモトレード84日目 米国ナスダックマーケット 10日(月)

今回はなんとか勝てたという印象。
一瞬で大きな損失を被る銘柄が大きく足を引っ張りました。
20161010_result

ボトムスキャン
20161010_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161010_open_comp
指数はマーケット開始後、ロングサイドへ。

ロングサイド

FANG
20161010_open_fang
順調に上昇中。エントリー候補に。

SWKS
20161010_open_swks
上げ止まっているように見えましたが、一応候補に。

AAL
20161010_open_aal
逆行し始めているよう。候補外です。

NXPI
20161010_open_nxpi
ハイローバンドが上向きということで、候補にしました。

LRCX
20161010_open_lrcx
こちらも候補に。

ショートサイド

MYL
20161010_open_myl
選ぼうかと迷いましたが、指数が上昇しているので候補にしませんでした。

PYPL
20161010_open_pypl
逆行しているのでNG。

CTSH
20161010_open_ctsh
こちらも逆行。候補外です。

CHTR
20161010_open_chtr
出来高がなく値が飛んでいます。選べません。

SRPT
20161010_open_srpt
逆行しています。候補外です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
FANG、SWKS、NXPI、LRCX

ショートサイド
なし

指数が上昇しているせいか、エントリーはロングサイドばかりになりました。

ナスダック指数 3分足
20161010_comp_3m
指数は一貫してロングサイドへ移行しました。

FANG 30秒足
20161010_fang_30s
一瞬にして大きな損失に。

FANG 3分足
20161010_fang_3m
この銘柄は、ボトムスキャンに表示されているように、エントリー時にはすでにレンジアベレージの84%と、とても大きな値になっていたこと。
この値が大きすぎるというのも、考えものなのかもしれません。
500株 -445ドル

SWKS 30秒足
20161010_swks_30s
ロスカットを少し早まりました。20MAとのクロスを待つべきでしたね。
大きな損失を抱えると、どうしても気持ちが焦るようです。

SWKS 3分足
20161010_swks_3m
ロスカット後は急上昇するも、後が続かず。
500株 -20ドル

NXPI 30秒足
20161010_nxpi_30s
天井を付けたようなのでイグジットです。

NXPI 3分足
20161010_nxpi_3m
手仕舞いの位置としては、ベストに近いところか。
500株 +140ドル

LRCX 30秒足
20161010_lrcx_30s
これがホールドする最後の銘柄になったとき、確定の損失は300ドルちょっと。
せめて少しでいいのでプラスで終わらせようという思いがありました。

LRCX 3分足
20161010_lrcx_3m
今回は、始めから大きめの損失を抱えてしまったため、プルバックを我慢する余裕はありませんでした。
500株 +350ドル


今回は、なんとか損失を出さなくて済んだという感じ。

大きな利益を追う前の段階として、ブレイクイーブンで良しとする意識の方がいいのかもしれません。少なくともしばらくの間は。

ところで、エントリーの判断に迷ったMYLのその後がこれ。

MYL 30秒足
20161010_myl_30s
エントリー直後に急上昇し、始値くらいまで戻しています。
ここで損切りすると、最大で600ドルくらいの大きなマイナス。

MYL 3分足
20161010_myl_3m
損切りがなければ1000ドルくらい取れていたケースです。

デモトレード83日目 米国ナスダックマーケット 7日(金)

今日も負け。これで3連敗です。
WDCのイグジットのタイミングを逃したのが悔やまれます。

20161007_result

ボトムスキャン
20161007_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161007_open_comp
指数はギャップアップ後、ショートサイドへ。
ショートサイド銘柄に期待していました。

ロングサイド

NFLX
20161007_open_nflx
ハイローバンドのトレンドが若干下がり気味だったので選ばず。

WDC
20161007_open_wdc
上昇中。エントリー候補に。

TSCO
20161007_open_tsco
こちらもいい感じ。エントリー候補。

MAR
20161007_open_mar
下落しています。候補外。

LULU
20161007_open_lulu
こちらも下落。候補にできません。

ショートサイド

EBAY
20161007_open_ebay
順調に下落中。エントリー候補。

CMCSA
20161007_open_cmcsa
こちらも候補に。

ACAD
20161007_open_acad
最後は若干上がり気味か。候補にせず。

AMAT
20161007_open_amat
こちらも候補にしづらいところ。

KHC
20161007_open_khc
出来高が少ないところがありますが、候補にしても良かったかも?

エントリーした銘柄

ロングサイド
WDC、TSCO

ショートサイド
EBAY、CMCSA

WDC 30秒足
20161007_wdc_30s
59ドルあたりでのイグジットも考えたのですが。

WDC 3分足
20161007_wdc_3m
3本目が大きく上昇し、そのときの含み益は400ドルオーバー。
そこでイグジットしていれば、それまでの他の銘柄のロスカット損失分を埋めることができていました。

ただ、少し欲が出たのかもしれません。
少し様子を見ようと思っていたところ、あれよあれよという間に下落。

一気に買値まで戻すどころかマイナスに。さっきまであった利益が無くなってしまいました。

しかもロスカットの価格レベルが底と言う最悪の結果になってしまいました。
1000株 -170ドル

TSCO 30秒足
20161007_tsco_30s
エントリーするのを見計らっていたかのようにいっきに下落。

TSCO 3分足
20161007_tsco_3m
ヒゲでのエントリー。
これがショートサイドなら最高なのですが...
500株 -105ドル

EBAY 30秒足
20161007_ebay_30s
昨日のMYLといいこのEBAYといい、このようなL時型のチャートパターンでやられています。
チャートがこの形だと、そもそもエントリーしない方がいいのか?

EBAY 3分足
20161007_ebay_3m
下ヒゲで売ってしまいました。
1000株 -220ドル

CMCSA 30秒足
20161007_cmcsa_30s
20MAを上抜いたのを確認したのでイグジット。
その後下げるといういやらしい動き。
含み損がまだ50ドルなら様子見ということか?

CMCSA 3分足
20161007_cmcsa_3m
取れていれば+100ドルほど。
500株 -50ドル


最近全く勝てなくなってきたので、勝てていたと思った8月のトレードを見返してみたのですが、相場の状況はそれほど大きな違いはなし。

そうなると、やはり自分の腕が落ちたせいのよう。

以前との違いと言えば、

・ホールド中の各銘柄の損益を常に見ていること
・30秒足でイグジットを判断していること
・ロスカットラインを引かなくなったこと

のどれかでしょうが、これから検証していく必要があります。


ところで、エントリー時に迷った銘柄のその後がこれ。

NFLX 3分足
20161007_nflx_3m
これにエントリーできていれば良かったのですが。
ロングサイドでギャップダウンしていれば、形が多少悪くてもエントリーしてもいいのかも?

ACAD 3分足
20161007_acad_3m
エントリーしていれば、ブレイクイーブンくらい?

AMAT 3分足
20161007_amat_3m
こちらは若干のプラスになっていそう。

KHC 3分足
20161007_khc_3m
よくて+100ドルくらい?

ショートサイドはそうでもないですが、ロングサイドのNFLXにエントリーできていれば、大きくプラスになっていました。

デモトレード82日目 米国ナスダックマーケット 6日(木)

今回は、最近にしては珍しく多めの銘柄にエントリー。
ですが結果は惨憺たるもの。エントリー銘柄数がこれだけ多ければ勝てるはずなんですが...

20161006_result

ボトムスキャン
20161006_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161006_open_comp
指数はギャップダウン後、ショートサイドへ。

ロングサイド

TSCO
20161006_open_tsco
上げつつあります。エントリー候補に。

DLTR
20161006_open_dltr
こちらもエントリー候補。

SWKS
20161006_open_swks
問題なく選べます。候補に。

TSLA
20161006_open_tsla
逆行しています。候補外。

AMGN
20161006_open_amgn
大きく逆行。ショートサイド銘柄のよう。候補外です。

ショートサイド

MYL
20161006_open_myl
候補にしました。

ACAD
20161006_open_acad
こちらも候補に。

BLUE
20161006_open_blue
候補にしてよかったか?トレンドラインが最後は下向きのため選びました。

PDCE
20161006_open_pdce
出来高がないのでNG。

CSCO
20161006_open_csco
ぎりぎり選べた感じです。

エントリーした銘柄

ロングサイド
TSCO、DLTR、SWKS

ショートサイド
MYL、ACAD、BLUE、CSCO

ナスダック指数 3分足
20161006_comp_3m
指数は序盤下げましたが、その後横ばい。

TSCO 30秒足
20161006_tsco_30s
ほとんどが損切りになる中、ロングサイドで唯一ホールドできた銘柄。
ダブルトップを作ってきたのでイグジットしたのですが。

TSCO 3分足
20161006_tsco_3m
いやらしい動きをするものですね。
500株 +50ドル

DLTR 30秒足
20161006_dltr_30s
昨日のGTやNFLXと同じパターン。
30秒足の20MAにタッチした後で上昇しています。

DLTR 3分足
20161006_dltr_3m
これを取れるようにならないと、この先に進めないような気がします。
500株 -140ドル

SWKS 30秒足
20161006_swks_30s
ほとんど天井でのエントリー。
急落後、ギャップダウンだったのですぐさまロスカットしました。

SWKS 3分足
20161006_swks_3m
ロスカット後は下落。
500株 -155ドル

MYL 30秒足
20161006_myl_30s
ショートサイドへ移行しつつあったので安心していましたが、急上昇。

MYL 3分足
20161006_myl_3m
-140ドルならまだましな方。
1000株 -140ドル

ACAD 30秒足
20161006_acad_30s
全くの底値でのエントリー!
ショートサイドは急上昇する銘柄が多いのか?

ACAD 3分足
20161006_acad_3m
最近は底値でのエントリーが多いようで。
1000株 -210ドル

BLUE 30秒足
20161006_blue_30s
こちらも急上昇!

BLUE 3分足
20161006_blue_3m
ACADといい、この銘柄といい、最も悪いタイミングでエントリーしています。
500株 -305ドル

CSCO 30秒足
20161006_csco_30s
ショートサイド銘柄で唯一ゲインがあったもの。

CSCO 3分足
20161006_csco_3m
イグジット後は上昇。
1000株 +120ドル


9月中旬ごろから、理想的なトレードがほとんどできていない気がします。

以下のようなパターンが多いようです。

・トレンド方向に動いているが、一時的な逆行で損切り。その後トレンド方向に大きく動く
・急激な逆行により大きな損失になる

とりあえずこのふたつだけでも改善できればもう少し成績は良くなりそうですが、なかなか解決策は見当たりそうにありません。

デモトレード81日目 米国ナスダックマーケット 5日(水)

今回のトレードは避けられたはずのミスでマイナスに。
20161005_result

ボトムスキャン
20161005_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161005_open_comp
指数は上へ行くとも下へ行くともわからず。

ロングサイド

LULU
20161005_open_lulu
大きく逆行しているのでNG。

CHTR
20161005_open_chtr
出来高がないのと、逆行しているので候補にせず。

GT
20161005_open_gt
上昇中。エントリー候補です。

NFLX
20161005_open_nflx
こちらもエントリー候補。

MDLZ
20161005_open_mdlz
逆行しています。候補外。

ショートサイド

NVDA
20161005_open_nvda
大きく逆行。候補にせず。

BIIB
20161005_open_biib
下降トレンドではあるようですが、出来高に難あり。候補にせず。

EXPE
20161005_open_expe
逆行中。NGです。

AAL
20161005_open_aal
こちらも逆行。NG。

NXPI
20161005_open_nxpi
実はこのチャートウィンドウ、トレードが始まる前に表示領域を動かしていたため、直近の足が4本分見えていなかった状態でした。

なので、逆行している部分がちょうど隠れていたため下降トレンドと判断。
エントリーしてしまいました。

エントリーした銘柄

ロングサイド
GT、NFLX

ショートサイド
NXPI

ナスダック指数 3分足
20161005_comp_3m
指数は大きく上昇。

GT 30秒足
20161005_gt_30s
他の2銘柄が損切りになり、これ以上損失を大きくしたくないという思いで早めにロスカットしました。

GT 3分足
20161005_gt_3m
早めのロスカットがあだになりました。
1000株 -20ドル

NFLX 30秒足
20161005_nflx_30s
ロスカットレベルの-150ドルが近づいてきていたこともあり、気持ちに余裕がなくイグジット。

NFLX 3分足
20161005_nflx_3m
こちらも大きく上昇しています。
500株 -145ドル

NXPI 30秒足
20161005_nxpi_30s
本来はエントリーすべきではない銘柄を選ぶと、やはりこうなります。

NXPI 3分足
20161005_nxpi_3m
指数につられてこちらも上昇!
500株 -125ドル


今日は訳あってトレードツールCQGを新しいパソコンにインストールしたのですが、その後の設定に手間取り、十分な事前準備ができないままトレード時間が来てしまいました。

トレード前に正しい状態にきちんとなっているかの確認ができていないままにトレードを始めたのが失敗の原因。

想定外の出来事が起こって気持ちの余裕が無くなってしまいました。

3つの銘柄のうち2つが損切りになり、それでも最後のGTはホールドできていたはずなのですが、冷静な判断ができなくなっていたためでしょうか、これ以上損失を増やしたくないという思いからイグジットしてしまいました。

精神的なプレッシャーの克服が、今の大きな課題です。

デモトレード80日目 米国ナスダックマーケット 4日(火)

今回は、ノートレードと判断しました。
ただその判断は微妙なところで、あまり自信はありません。
20161004_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161004_open_comp
指数はギャップアップ後、ロングサイドへ移行しましたが、エントリー判断の直前にショートサイドへ動き始めたように思えました。

ロングサイド

EBAY
20161004_open_ebay
ハイバンドが下げつつあるので候補外に。

ESRX
20161004_open_esrx
こちらも同じく。反転し始めているようです。

LRCX
20161004_open_lrcx
大きく逆行。候補外です。

MDLZ
20161004_open_mdlz
判断に迷った銘柄。
最後の足ができる前はバンドが下向きだったので、34分の足ができる前に候補外と判断。
今から見ると、最後の足が抜けているので候補にできたかもしれません。

AAPL
20161004_open_aapl
ハイバンドがフラットになっています。
指数が下げ始めているようだったので、候補にするには躊躇しました。

ショートサイド

LULU
20161004_open_lulu
下げトレンド。候補にしていました。

COST
20161004_open_cost
こちらも候補に。

DLTR
20161004_open_dltr
反転しています。トレンドも上向きに。候補外です。

FB
20161004_open_fb
こちらも候補外。

BLUE
20161004_open_blue
出来高がなく。候補外です。

エントリーできる銘柄が3銘柄に満たないため、今回はノートレードと判断しました。

今回、エントリーをためらったのは、9月に大きなロスを出した68日目(本来ならノートレード)のことがあり、エントリーの判断に慎重になっていたこともありました。

ナスダック指数 3分足
20161004_comp_3m
その後のナスダック指数は、小さな動きにとどまりました。

候補になりそうだった銘柄のその後...

MDLZ 3分足
20161004_mdlz_3m
22:51ごろ頭を打ちました。
エントリーしていれば、ゲインは120ドルくらいか。

AAPL 3分足
20161004_aapl_3m
エントリーしていれば300ドルほど。

また候補にしていたショートサイド銘柄はというと。

LULU
20161004_lulu_3m
100ドルくらいのゲイン。

COST
20161004_cost_3m
おそらくロスカットになっていたでしょう。

もしこれらにエントリーしていれば、トータルで300〜400ドルくらいのゲインでした。残念!

デモトレード79日目 米国ナスダックマーケット 3日(月)

10月初めのトレードは、何とか勝ちで終了。
ただ、あまり納得のいくものではありませんでした。

オフィシャルの方で貴重なアドバイスをもらっていたので、今回から30秒足チャートの設定を少し変えてトレードを行いました。(詳細は後述)

20161003_result

ボトムスキャン
20161003_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161003_open_comp
指数はギャップダウン後、方向感のない展開に。

ロングサイド

EBAY
20161003_open_ebay
潜っているため候補にできず。

CTSH
20161003_open_ctsh
最後の足がいい感じ。エントリー候補です。

QCOM
20161003_open_qcom
ハイローバンドのトレンドと最後の足の位置からは候補になりそうですが。
あまりにも長い上ヒゲが候補にするのをためらわせました。

INCY
20161003_open_incy
ハイバンドがフラット。候補にせず。

NXPI
20161003_open_nxpi
これは候補にしても良かったかも。見逃しです。

ショートサイド

COST
20161003_open_cost
問題なく候補に。

CLVS
20161003_open_clvs
ハイローバンドが上向いています。候補外。

FSLR
20161003_open_fslr
こちらも候補外。

MDLZ
20161003_open_mdlz
候補にしました。

IBB
20161003_open_ibb
逆行しているので候補外です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
CTSH

ショートサイド
COST、MDLZ

ナスダック指数 3分足
20161003_comp_3m
指数は結局下げ、その後はレンジを形成しました。

CTSH 30秒足
20161003_ctsh_30s
急激に大きく下げた後は様子を見るべき。頭では分かっているのですが。

CTSH 3分足
20161003_ctsh_3m
少し様子を見れば良かったですね。
1000株 +380ドル

COST 30秒足
20161003_cost_30s
20MAとのクロスを待ったのですが。もう少し早くても良かったか?
せめてマイナスになる前にとイグジットしました。

COST 3分足
20161003_cost_3m
イグジット後は上昇しています。
300株 +15ドル

MDLZ 30秒足
20161003_mdlz_30s
こちらも20MAとのクロスを待ってイグジット。

MDLZ 3分足
20161003_mdlz_3m
悩ましい動きです。
1000株 +50ドル


悔いが残るのは、CTSHを早々にイグジットしてしまったこと。
ベストのタイミングであれば、1000ドルほどのゲインだった銘柄です。

最近はこういう動きをするケースが多いですが、対応が上手くできていません。
「大きく下げるかも?」という意識をいつも持っておかなければいけないです。


・30秒足チャートについて

オフィシャルのブログのエントリー「勝つための方程式」において、エントリーの判断に使用する30秒足チャートの見え方の違いについてアドバイスをいただきました。

自身の設定(ウィンドウの大きさや足の横幅)を調整したのですが、若干の改善が見られたものの、残念ながら全く同じような見え方にはなりませんでした。

9/30 WYNN 30秒足

オフィシャルのチャート
20160930_open_wynn_dtn
ローバンドがわずかに下向きになっているためダウントレンドと判断できる。
オフィシャルではこの銘柄にエントリーしている。

自身のチャート 設定調節前
20160930_open_wynn_before
ローバンドが上向きになっているため、エントリーの判断が難しい。

自身のチャート 設定調節後 その1
ウィンドウの大きさはそのままに足の幅を狭くしたもの
20160930_open_wynn_after1
足の幅を少し狭くしてもローバンドの上向きの状態は変わらず。

自身のチャート 設定調節後 その2
ウィンドウサイズを大きくし、かつ足の幅を狭くしたもの
20160930_open_wynn_after2
ウィンドウサイズを大きくすると、上向きだったローバンドは水平にまで下がる。
ただし、オフィシャルの様に下向きにまではならず。

9/30の他の銘柄であるCTSHでも試してみると。

オフィシャルのチャート
20160903_open_ctsh_dtn
ローバンドが下向き。ロングサイドのエントリー候補にはならず。

自身のチャート 設定調節前
20160930_open_ctsh_before
ローバンドが上向き。エントリー候補と判断。

自身のチャート 設定調節後
20160930_open_ctsh_after
ウィンドウサイズを大きくし、足の幅を狭めても上向きは変わらず。

場合によっては改善の傾向が見られますが、大きく変わるというほどでもなさそうでした。