デモトレード120日目 米国ナスダックマーケット 1日(木)

12月初めのトレードは大勝!幸先の良いスタートとなりました。
20161201_result

ボトムスキャン
20161201_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161201_open_comp
指数は序盤から大きく下落。

ロングサイド

WDC
20161201_open_wdc
指数が弱いのと、下落し始めているようなので選択せず。

NTAP
20161201_open_ntap
反転下落中。エントリー候補にせず。

TMUS
20161201_open_tmus
こちらも同じく候補外。

DLTR
20161201_open_dltr
候補にしづらい。

AAL
20161201_open_aal
候補外です。

ショートサイド

AKAM
20161201_open_akam
ダウントレンド。候補に。

ILMN
20161201_open_ilmn
大きく戻してきているので候補にせず。
指数を考えると候補にしても良かったか。

FB
20161201_open_fb
いい形。候補にしました。

EA
20161201_open_ea
こちらも候補に。

LRCX
20161201_open_lrcx
候補です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
なし

ショートサイド
AKAM、FB、EA、LRCX

ナスダック指数 3分足
20161201_comp_3m
指数は一貫してダウントレンド。

AKAM 30秒足
20161201_akam_30s
損切った位置は最も不利な位置。

AKAM 3分足
20161201_akam_3m
3分足でトレンドゾーンを大きく上抜いたのでロスカットしました。
ただ今から思うと、次の足がギャップダウンで始まったので、しばらく様子見という判断ができたかもしれません。
500株 -230ドル

FB 3分足
20161201_fb_3m
EAとほぼ同じ方な動きをしており、両者ともトレンドゾーンを上抜きました。
ただ、両方とも手仕舞うのはためらわれたので、上昇の勢いが強そうなこちらだけを手仕舞いました。
500株 +440ドル

EA 3分足
20161201_ea_3m
途中でイグジットしなかったのがよかったようです。
500株 +1025ドル

LRCX 3分足
20161201_lrcx_3m
しばらくは陽線が全く出ず。トレンドゾーン内であればホールドと常に意識しました。
最後はハイバンドにタッチしつつあったのと、ここまで取れれば十分ということでイグジット。
500株 +2485ドル


今回意識していたのは、株価がトレンドゾーンにあるうちはホールドを続けること。

11月のトレード結果をまとめたばかりだったこともあり、課題への意識が強かったのが奏効しました。

なお、エントリーの判断に迷ったショートサイド銘柄のILMNのその後の様子がこれ。

ILMN 3分足
20161201_ilmn_3m
序盤のプルバックは我慢できたとしても、その後の急上昇後の132ドルあたりでイグジットすると、ほとんどブレイクイーブンだったようです。