デモトレード130日目 米国ナスダックマーケット 15日(木)

トータルの結果は大きめの負けでしたが、検証での気づきを得ることができました。
20161215_result

ボトムスキャン
20161215_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20161215_open_comp
指数はギャップアップ後、ロングサイドへ。

ロングサイド

AAL
20161215_open_aal
候補にしてしまいました。

これはエントリーすべきではなかったですね。
4本連続陽線で4本目の足が長い、しかも最後の足は陽線を大きく飲み込んできている。
トレンド反転の直前の教科書的なフォーメーション!

CHTR
20161215_open_chtr
大きく戻してきているので候補外。

WBA
20161215_open_wba
こちらも候補にしてしまいました。

よく見るとこれもだめっぽい。高値が切り下げてきている。

MNST
20161215_open_mnst
候補にしました。

NXPI
20161215_open_nxpi
こちらも候補にしました。

これもダメな形。
128日目のWDCと似ている。

ショートサイド

PYPL
20161215_open_pypl
大きく上昇しているのでNG。
今回は指数が上昇しているせいか、ショートサイドは総じて選べませんでした。

STX
20161215_open_stx
逆行しています。候補外。

ADBE
20161215_open_adbe
こちらも候補外に。
ただ、陽線4本の後の陰線で、これから下落しそうにも思える。

AMAT
20161215_open_amat
大きく逆行。候補外。

ROST
20161215_open_rost
逆行を戻しきれていないのでNG。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AAL、WBA、MNST、NXPI

ショートサイド
なし

ナスダック指数 3分足
20161215_comp_3m
指数は大きく上昇。

AAL 30秒足
20161215_aal_30s
やはり高値を更新することなく下落はしたものの...

AAL 3分足
20161215_aal_3m
後に上昇。
1000株 -210ドル

WBA 30秒足
20161215_wba_30s
ダブルトップとなり、その後下落。

WBA 3分足
20161215_wba_3m
ロスカット後は下落。
500株 -215ドル

MNST 30秒足
20161215_mnst_30s
一瞬は上げたものの、その後は下落する一方。

MNST 3分足
20161215_mnst_3m
こちらもロスカット後は下落。
1000株 -190ドル

NXPI 30秒足
20161215_nxpi_30s
陽線が陰線にあれだけ飲み込まれたのだから、ここまで持つ必要はなかった。

NXPI 3分足
20161215_nxpi_3m
こちらもロスカット後は下落。
500株 -80ドル


こうして検証をしていて感じたのは、AALのようにダメな形のフォーメーションに気付くようになったこと。

検証時にしかまだ気付けていないですが、チャートの形を見て考える訓練の効果が少しは出ているのかもしれません。