都合により休みました 5日(木)

今回は体調不良のためトレードせず、安静を取ることにしました。
週明けから少し無理をしたみたいで、風邪をひいてしまったようです。

なので、今回はボトムスキャンとチャートを掲載しておきます。

ボトムスキャン
20170105_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20170105_open_comp
指数はロングサイドへ。

ロングサイド

ALXN
20170105_open_alxn
選べる形。

CSCO
20170105_open_csco
選ぶには潜りすぎているか。

WBA
20170105_open_wba
選びずらい。

CSX
20170105_open_csx
問題なく選べそう。

VIAB
20170105_opn_viab
OKでしょう。

ショートサイド

EA
20170105_open_ea
指数の強さを考えると微妙だが、選んでもいいかも。

IONS
20170105_open_ions
これはNG。

TSLA
20170105_open_tsla
選びづらいが、オフィシャルでは選んでいます。

ILMN
20170105_open_ilmn
これはOK。

SBUX
20170105_open_sbux
こちらもOK。

エントリーできたであろう銘柄

ロングサイド
ALXN、CSX、VIAB

ショートサイド
EA、(TSLA)、ILMN、SBUX

ナスダック指数 3分足
20170105_comp_3m
序盤はロングサイドへ。

ALXN 30秒足
20170105_alxn_30s
青色の横線:エントリー価格
青色の縦線:エントリー時刻
白色の横線:236ガイドライン

目立ったプルバックが無く上昇してきた場合、支持線のライン(反転ポイント)が想定できない。
その場合、いったん大きめの逆行を待つべきか?

ALXN 3分足
20170105_alxn_3m
3本目、4本目の逆行を我慢できれば、250〜300ドル程度のゲイン。

CSX 30秒足
20170105_csx_30s
エントリー直後の大きめの下げが我慢できたかどうか?
またその後の23:47ごろの買値を割る下げも我慢できたかどうか?

CSX 3分足
20170105_csx_3m
取れれば、400〜450ドル程度のゲイン。

VIAB 30秒足
20170105_viab_30s
目立ったプルバックも無く上昇しているので容易。

VIAB 3分足
20170105_viab_3m
3本連続陽線の後の同時足でイグジット。500ドルほど。

EA 30秒足
20170105_ea_30s
236ガイドライン付近での買いと売りの攻防。

EA 3分足
20170105_ea_3m
3分足の2本目がここまで戻してくると、やはり損切りでしょう。

TSLA 30秒足
20170105_tsla_30s
エントリー直後の若干のプルバックはあるものの、それほど難しくはなさそう。

TSLA 3分足
20170105_tsla_3m
4本連続陰線。しかも4本目が長いので直後にイグジット。

ILMN 30秒足
20170105_ilmn_30s
このプルバックを我慢するのは難しそう。

ILMN 3分足
20170105_ilmn_3m
160ドル程度のプルバック。

SBUX 30秒足
20170105_sbux_30s
これは長い陽線が出た後でロスカットでしょう。

SBUX 3分足
20170105_sbux_3m
エントリーは大底。