デモトレード145日目 米国ナスダックマーケット 10日(火)

エントリー直後のストップ(主に損切り用)をどこに置くかの判断が、まだ当面の課題。
20170110_result

ボトムスキャン
20170110_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20170110_open_comp
指数はギャップアップ後、若干上昇。

ロングサイド

ILMN
20170110_open_ilmn
上げ止まっているようだったので選ばず。

AAL
20170110_open_aal
多数の陽線の後の陰線。候補にせず。

INTC
20170110_open_intc
候補にしました。

EXPE
20170110_open_expe
こちらも候補に。

AVGO
20170110_open_avgo
候補にしました。

ショートサイド

EBAY
20170110_open_ebay
最後の方の足が短くなってきているのが気になりましたが候補に。

GILD
20170110_open_gild
最後の足が飲み込んでいるので候補にせず。

STLD
20170110_open_stld
反転し始めている(?)ということで候補に。

VIAB
20170110_open_viab
こちらも候補に。

CLVS
20170110_open_clvs
MAの束が上部にあり上げ止まっているように思えましたが、大きく戻しているということで選ばず。

エントリーした銘柄

ロングサイド
INTC、EXPE、AVGO

ショートサイド
EBAY、STLD、VIAB

ナスダック指数 3分足
20170110_comp_3m
指数は序盤、方向感が全くつかめず。

INTC 30秒足
20170110_intc_30s
イグジットの判断を、ハイローバンドだけで行ってしまった。
36.68あたりが支持ラインとすべき。

INTC 3分足
20170110_intc_3m
ロスカット後は上昇。
1000株 -70ドル

EXPE 30秒足
20170110_expe_30s
支持線は116.2あたりか。

EXPE 3分足
20170110_expe_3m
ストップが116.2なら取れたはず。
500株 -60ドル

AVGO 30秒足
20170110_avgo_30s
ダブルトップ後、下落してきたので手仕舞い。
ただ、それにしても遅かった。

AVGO 3分足
20170110_avgo_3m
こういう動きを取るのが難しい。
300株 +57ドル

EBAY 30秒足
20170110_ebay_30s
3分足で陰線が4本連続だったので、すぐにでも手じまいする用意をしていた銘柄。
ときどき出る非常に長い上ヒゲが不気味な感じだった。

EBAY 3分足
20170110_ebay_3m
この長い上ヒゲは何だったのだろう?
1000株 +220ドル

STLD 30秒足
20170110_stld_30s
3分足の2本目が大きく上昇してきていたので、2本目の完成を待ってロスカット。
もう少し早くても良かったか。

STLD 3分足
20170110_stld_3m
大きめのロス。
1000株 -200ドル

VIAB 30秒足
20170110_viab_30s
3分足で2本目の陰線を大きく飲み込んできていたので、ロスカット。

VIAB 3分足
20170110_viab_3m
ロスカット後は上昇。
1000株 -140ドル


エントリー後の支持線・抵抗線の意識がまだ十分にできていないのが改善点です。

またエントリーする銘柄の選択も、オフィシャルと較べると改善の余地が多いに有り。
以前のトレンドゾーン(ハイローバンドの中にあるかどうか)だけでやっていたときの方が、今のローソク足の形や配置(フォーメーション)で判断するよりもいい場合がある。

ちなみに、オフィシャルのエントリー銘柄は以下。

ロングサイド
ILMN、AAL、INTC、EXPE、AVGO

ショートサイド
EBAY、GILD、VIAB