1月のトレード結果

1月が終わったので、恒例の月間成績のまとめです。
まずは日々の成績から。

日々のトレード結果
201701_profit_and_loss

損益トータル:+115ドル

内訳

利益トータル:+4976ドル
損失トータル:-4861ドル
PF(プロフィットファクター):1.02

利益トレード数:7
損失トレード数:11

平均利益:710.9ドル/トレード
平均損失:441.9ドル/トレード

かろうじてですが、月間のトータルの成績はプラスとなりました。
ただ内容としては、損失トレードが11と半分以上で、1トレード当たりの平均損失も400ドル以上と多めです。

そして、資産曲線をプロットしたのが以下。

資産曲線
201701_equity_curve

1/6から続く連敗によって、大きく右肩下がりになっているのがわかります。
ただその後1/20からは、-1800ドルからプラス圏内までV字で回復しています。

ここで、損失の大きかった日のトレードを見返してみて気になるのは、オフィシャルとの銘柄の選択の違いです。

1/17のトレードを見ると、

オフィシャルの選択銘柄は、

ロングサイド:なし
ショートサイド:CELG、GILD、SPLK、ACAD、VRTX

これに対して、自身では、

ロングサイド:COST、ROST、CHTR
ショートサイド:CELG、GILD、SPLK

となっています。

この日のナスダック指数はダウントレンドで、その点を考慮してオフィシャルではロングサイドを選んでいませんでした。

そして結果は、ロングサイドのCOST、ROST、CHTRが全てロスとなり、これらは全損失954ドルのうちの2/3程度となってしまっています。

また、1/31のトレードでは、オフィシャルはノートレードだったのに対して、自身は以下の選択をしています。

ロングサイド:CSX
ショートサイド:ALXN、CLVS

その結果、700ドル以上の大きな損失になってしまいました。

これらのことから、今後の方針を考えると、以下のようにまとめられそうです。

エントリー銘柄の選択においては、

・指数の影響(アップトレンドかダウントレンドか)を強く意識する
・「ノーエントリー」を軽んじない

今後の課題としたいと思います。

デモトレード159日目 米国ナスダックマーケット 31日(火)

エントリー前のイヤな予感が...当たってしまいました。
20170131_result

ボトムスキャン
20170131_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20170131_open_comp
指数は迷う展開。こういうときは...

ロングサイド

GOOG
20170131_open_goog
反転しています。候補外。

TMUS
20170131_open_tmus
ここまで長い陰線があると選べず。

MSFT
20170131_open_msft
見づらいチャート。下げているようなので選ばず。

CSX
20170131_open_csx
ロングサイドで唯一選んだ銘柄。

PYPL
20170131_open_pypl
上げ止まっているように見え、候補にせず。

ショートサイド

AVGO
20170131_open_avgo
迷いましたが選ばず。

ALXN
20170131_open_alxn
候補にしました。

CLVS
20170131_open_clvs
こちらも候補に。

XLNX
20170131_open_xlnx
陰線2本があまりいい形ではなく。候補外です。

ADAD
20170131_open_acad
陽線が目立ったので選ばず。

エントリーした銘柄

ロングサイド
CSX

ショートサイド
ALXN、CLVS

ナスダック指数 3分足
20170131_comp_3m
指数は上に行ったり下に行ったり。

CSX 30秒足
20170131_csx_30s
ここまで長い陰線が出ると、その後は買われないだろうということでロスカット。

CSX 3分足
20170131_csx_3m
ロスカット後は大きく下落。
1000株 -30ドル

ALXN 30秒足
20170131_alxn_30s
あっという間に大きな損失になってしまい。

ALXN 3分足
20170131_alxn_3m
ロスカット後は大きくロングサイドへ。
400株 -392ドル

CLVS 30秒足
20170131_clvs_30s
他の2銘柄がロスカットになってしまったので、粘ったのがあだになりました。

CLVS 3分足
20170131_clvs_3m
ロングサイド銘柄のような動き。
500株 -310ドル


エントリーのタイミング、34分30秒の時点で全ての銘柄をざっと見渡した感じでは、いい形の銘柄が少なく、ノーエントリーでもよさそうな印象でした。

ただ、「トレードしない」という選択はなかなか難しく、無理矢理に銘柄を選んだ感じです。