デモトレード165日目 米国ナスダックマーケット 8日(水)

今日は3銘柄と少なかったこともあり、かなり注意深くチャートを見ていたつもりでしたが、それでも芳しくない結果。
20170208_result

ボトムスキャン
20170208_bottomscan

ナスダック指数 30秒足
20170208_open_comp
指数は切り返してショートサイド方向か?

ロングサイド

MDLZ
20170208_open_mdlz
選んでも良かったか?ただ指数はショートサイドだったので微妙なところ。

ADI
20170208_open_adi
最後の足がハイローバンドの下。選ばず。

AMGN
20170208_open_amgn
高値をぎりぎり更新したという感じなので選択。

SBUX
20170208_open_sbux
少し下げ過ぎか?指数のことも考えると候補外。

XLNX
20170208_open_xlnx
大きく下落。選べず。

ショートサイド

GILD
20170208_open_gild
レンジアベレージを超えていたのが不安要素でしたが選択。

AMAT
20170208_open_amat
下げ止まっているように見え、候補外。

CSX
20170208_open_csx
ダブルボトムができつつある?となると選べず。

NXPI
20170208_open_nxpi
下げ止まり感あり。選択せず。

EA
20170208_open_ea
反転しかけたところ?ということで選択。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AMGN

ショートサイド
GILD、EA

ナスダック指数 3分足
20170208_comp_3m
指数はダウントレンドから反転し、大きく上昇。

AMGN 30秒足
20170208_amgn_30s
高値をどうしても超えられず、下落してきたのでイグジット。

AMGN 3分足
20170208_amgn_3m
最初の数本の足の上ヒゲが、同じレベルで止まっているのがどうしても気になったのも、手仕舞った理由でした。
300株 -114ドル

GILD 30秒足
20170208_gild_30s
後になって、なぜここで手仕舞いしたのだろうと考えてしまいました。

ひとつは、39分すぎの長い陰線が大きく飲み込まれてしまったこと、さらには、その後下値を切り下げずに上昇しつつあったことから、上昇トレンドになったと判断したのが原因でした。

GILD 3分足
20170208_gild_3m
これは大きく取りたかった。
500株 +80ドル

EA 30秒足
20170208_ea_30s
これだけ下値をトライしても下げない、ということで早めにロスカット。
それでも大きめの損失。

EA 3分足
20170208_ea_3m
ロスカット後は大きく上昇。
500株 -130ドル


損失はできるだけ小さくという意識が強いせいか、それが早すぎるイグジットになってしまい、返って結果が悪くなってしまっています。

また今回のGILDのように、少し考えすぎているところがあるのかもしれず、支持・抵抗を抜かなければホールドというシンプルな判断の方がいい結果につながりそうです。

今回は、決して簡単な相場とは言えないものの、利益にしておきたいトレードでした。