デモトレード180日目 米国ナスダックマーケット 2日(木)

今回はイレギュラーなトレードがありました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はショートサイドへ。

ロングサイド

MDCO

反転し下落し始めたところ?選択せず。

AMAT

こちらも反転し下落し始めているような。

WDC

ロングサイドで唯一選んだ銘柄。

QCOM

これは選ばず。

GILD

よくわからないチャート。選択せず。

ショートサイド

ETFC

選んでも良かったか?

VIAB

選択しました。

CMCSA

反転している?候補にせず。

COST

迷いましたが候補に。

PCAR

上昇し始めているような感じで、選択せず。

エントリーした銘柄

ロングサイド
WDC

ショートサイド
VIAB、COST

ナスダック指数 3分足

WDC 30秒足

エントリー後の2本目の陰線がイヤな感じでした。
案の定、その後大きく上げること無く下落し始めたのでロスカット。

ただそのとき、イグジットのためのボタンを一回押しすぎて、今度はショートポジションを持ってしまいました。

本来ならすぐにイグジットすべきなのでしょうが、下落することは確信していたのでそのままそのショートポジションをホールド。その後、適当なタイミングで手仕舞い。

WDC 3分足

この後、大きく下げました。
500株 -5ドル
500株 +115ドル

VIAB 30秒足 その1

含み損を我慢できたのが大きかった。

VIAB 30秒足 その2

レンジアベレージに到達し、下げ止まっているようだったので手仕舞いましたが、もう一段下がありました。

VIAB 3分足

レンジアベレージで頭打ち、再度下げました。
1000株 +400ドル

COST 30秒足

やはり下げることなく上昇。
しばらく我慢しましたが、ロスカットレベルを超えたので手仕舞いました。

COST 3分足

ロスカット後は上昇。
300ドル -162ドル


今回のWDCのその後の大きな下げを見ると、ドテンのトレードもありかもしれず。