デモトレード185日目 米国ナスダックマーケット 9日(木)

今回は全勝!久しぶりの1000ドルオーバーでした。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はロングサイドと思いきや、エントリーの直前に下落しました。

ロングサイド

TRIP

ここまで大きく下げていると候補にならず。

IBB

エントリーに迷った銘柄。結局は選択せず。

WYNN

大きく下げている。出来高がないことから候補にせず。

CMCSA

上げ止まっているようだったので選択せず。

CELG

CMCSAと同じく上げ止まっているようでしたが、再び上昇を始めて高値抜けしたのでこちらは選択。

ショートサイド

STX

陰線が多く続いており、また下げ止まり感があったのですが、再び下落を始めていたので選択。

WDC

STXと同じ動き。こちらも選択しました。

ESRX

あまり見慣れないフォーメーション。
よくわからなかったので候補にせず。

SBUX

エントリー時には次の足が見えており、長い陰線だったので候補に。

MYL

これは下げ止まっている感じ。候補にせず。

エントリーした銘柄

ロングサイド
CELG

ショートサイド
STX、WDC、SBUX

ナスダック指数 3分足

指数は上がったり下がったり。

CELG 30秒足

同時足が3つ出てきており、もう上がらないよと言っているようだったのでイグジット。
またレンジアベレージに達していました。

CELG 3分足

ここまで素直に上昇してくれると取りやすい。
400株 +496ドル

STX 30秒足

底打ち感の後で上昇してくると、もう手仕舞いのサイン。

STX 3分足

手仕舞い後は上昇。
1000株 +380ドル

WDC 30秒足

きれいな形のダブルボトムを確認したのでイグジット。

WDC 3分足

イグジット後は大きく上昇。
500株 +385ドル

SBUX 30秒足

エントリーのタイミングが少し遅くなり、大きく下げた後だったのであまりゲインはなく。

SBUX 3分足

このSBUXは、STXやWDCと違って、30秒足での底打ち感がありませんでした。
そうなると、いったん上昇するものの、この3分足でわかるようにさらに下げるのかもしれない。
1000株 +10ドル


今回はロングサイドにしてもショートサイドにしても、トレンド方向に伸びる地合でした。
また今回SBUXで気付いた点は、今後の検証の余地が十分にありそうです。