デモトレード188日目 米国ナスダックマーケット 14日(火)

指数が素直に動いたこともあり、まずまずのプラスに。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はダウントレンド。
ショートサイド銘柄を主に選択できる予感。

ロングサイド

TSCO

ここまで下げていると選べない。出来高にも不安が。

SPLK

こちらもNG。やはり指数の影響あり。

AAPL

プルバックが終わって再度上昇するように思えましたが、指数のことを考えて選ばず。

GILD

ラウンドトップのような感じ。指数のことも考えると選べず。

LRCX

大きく下落。候補外です。

ショートサイド

AAL

いい形。エントリー候補に。

STX

こちらもよさそう。

FANG

OKでしょう。

GBT

ショートサイドで唯一選ばなかった銘柄。
他にいい形のものがあるので。

QCOM

こちらもOK。

エントリーした銘柄

ロングサイド
なし

ショートサイド
AAL、STX、FANG、QCOM

ナスダック指数 3分足

指数は一貫してダウントレンド。

AAL 30秒足

エントリー前は順調な下げでしたが、エントリー後に反発。
切り返したポイントを上抜いたのでロスカット。

AAL 3分足

結果的にはプラスになっていたようで。
1000株 -90ドル

STX 30秒足

エントリー後大きく下落。
順調に下げていったので、反転の兆しがあるまでホールドしました。

STX 3分足

レンジアベレージ付近まで下げていたこともイグジットの判断理由でした。
1000株 +440ドル

FANG 30秒足

エントリー直後に反転。ロスカットレベルに来ていたので損切り。

FANG 3分足

結果的には下げているものの、含み損のことを考えるとやはり損切りだったよう。
500株 -170ドル

QCOM 30秒足

ダラダラと下げ続けた銘柄。
反転の形が表れたのでイグジット。

QCOM 3分足

ほぼほぼいいところまで取れた感じ。
1000株 +310ドル


エントリーした4銘柄のうち2銘柄がトレンド方向に大きく動いたので、それなりのゲインになりました。
指数に方向感があると、やはりやりやすくなります。