デモトレード182日目 米国ナスダックマーケット 6日(月)

今回は残念ながらノートレードでした。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数は方向感のない展開。

ロングサイド

NFLX

最後の陰線がここまで下げていると選べず。

ATVI

ぎりぎり選べるか、という感じ。

AMZN

陽線なのに上昇していないのが、上昇力の弱さを物語っているよう。

WDC

最後の陽線がその前の陰線を飲み込んではいますが、あまりいい形ではなく。

COST

反転しているところっぽい感じ。

ショートサイド

INCY

陰線が出尽くして反転し始めたところ?

IONS

ショートサイドの中では選べるフォーメーション。

SBUX

これは選びにくい。

PYPL

安値が更新できずに上昇。

ADI

これもあまりいい形ではなく。

今回は、エントリーできそうな銘柄が、ロングサイドのATVIとショートサイドのIONSの2銘柄でした。
3銘柄に満たないのでエントリーできず、ノートレードとなりました。

デモトレード181日目 米国ナスダックマーケット 3日(金)

単純なミス!

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数は大きくロングサイドへ。

ロングサイド

WYNN

大きく下げているのでNG。
指数の強さの割には、ロングサイドにはいい形が少なかった印象です。

WDC

これから上昇する、という形で選択。

SBUX

ここまで陽線が出ているとちょっと考えましたが、指数の強さを信じて選択。

MDCO

出来高がなく、陰線も多いので候補外。

ALXN

頭打ち感がありましたが、指数の強さもあって選択。

ショートサイド

QCOM

選びました。

TXN

こちらも選択。ただ、最後の足が同時なのでNGだったか?

WFM

次に陽線が出そう、ということで候補外。

GILD

こちらも上昇トレンドに入っていそうなので候補外。

CELG

大きく逆行。NGです。

エントリーした銘柄

ロングサイド
WDC、ALXN、SBUX

ショートサイド
QCOM、TXN

ナスダック指数 3分足

指数は序盤の上げを飲み込み、大きくショートサイドへ。

WDC 30秒足

手仕舞いのミス!
500株を手仕舞ったつもりが200株しか手仕舞えておらず、2分後に気付いて残りの300株を処理しました。

WDC 3分足

手仕舞い後も上昇。
500株 +265ドル

SBUX 30秒足

やはり頭打ちだったようです。
ラウンドトップを形成してきたのでロスカット。

SBUX 3分足

ロスカット後は下落。
1000株 -40ドル

ALXN 30秒足

急激に大きく下げたので反応してしまいました。

ALXN 3分足

その後も、ホールドするには難しい動きです。
400ドル -212ドル

QCOM 30秒足

もうひと下げ欲しかったところ。ブレイクイーブンで手仕舞い。

QCOM 3分足

手仕舞い後は大きく上昇しました。
1000株 0ドル

TXN 30秒足

やはり急激な逆行には反応してしまう。
ロスカットレベルの150ドルには届いていないのでホールドが正解。

TXN 3分足

ホールドできたとして、ベストの位置で手仕舞いできたとしても50ドルほどのゲインでした。
500ドル -95ドル


単純な凡ミスはもったいない!

デモトレード180日目 米国ナスダックマーケット 2日(木)

今回はイレギュラーなトレードがありました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はショートサイドへ。

ロングサイド

MDCO

反転し下落し始めたところ?選択せず。

AMAT

こちらも反転し下落し始めているような。

WDC

ロングサイドで唯一選んだ銘柄。

QCOM

これは選ばず。

GILD

よくわからないチャート。選択せず。

ショートサイド

ETFC

選んでも良かったか?

VIAB

選択しました。

CMCSA

反転している?候補にせず。

COST

迷いましたが候補に。

PCAR

上昇し始めているような感じで、選択せず。

エントリーした銘柄

ロングサイド
WDC

ショートサイド
VIAB、COST

ナスダック指数 3分足

WDC 30秒足

エントリー後の2本目の陰線がイヤな感じでした。
案の定、その後大きく上げること無く下落し始めたのでロスカット。

ただそのとき、イグジットのためのボタンを一回押しすぎて、今度はショートポジションを持ってしまいました。

本来ならすぐにイグジットすべきなのでしょうが、下落することは確信していたのでそのままそのショートポジションをホールド。その後、適当なタイミングで手仕舞い。

WDC 3分足

この後、大きく下げました。
500株 -5ドル
500株 +115ドル

VIAB 30秒足 その1

含み損を我慢できたのが大きかった。

VIAB 30秒足 その2

レンジアベレージに到達し、下げ止まっているようだったので手仕舞いましたが、もう一段下がありました。

VIAB 3分足

レンジアベレージで頭打ち、再度下げました。
1000株 +400ドル

COST 30秒足

やはり下げることなく上昇。
しばらく我慢しましたが、ロスカットレベルを超えたので手仕舞いました。

COST 3分足

ロスカット後は上昇。
300ドル -162ドル


今回のWDCのその後の大きな下げを見ると、ドテンのトレードもありかもしれず。

デモトレード179日目 米国ナスダックマーケット 1日(水)

なかなか勝てない日が続きます。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数は大きくギャップアップした後、ショートサイドへ。

ロングサイド

ETFC

頭打ち感あり。選択せず。
ロングサイドはほとんどこの形。

MYL

こちらもNG。

PCAR

同じく選ばず。

CSX

こちらも選びにくい。

GT

ロングサイドで唯一選びました。

ショートサイド

KHC

底を打っている?候補外です。

WDC

選んでも良かったか?ただ下にある移動平均線が気になる。

TMUS

大きく逆行。選択せず。

ADBE

候補にしました。ただし移動平均が下にあり。

AVGO

こちらも候補に。

エントリーした銘柄

ロングサイド
GT

ショートサイド
ADBE、AVGO

ナスダック指数 3分足

指数はあまり方向感無く推移。

GT 30秒足

高値を更新せずに下落したのでイグジット。
ただ、もう一本様子を見ても良かった。

GT 3分足

手仕舞い後は上昇。
1000ドル +10ドル

ADBE 30秒足

散々ホールドしましたが、結局下げず。
上昇の勢いの方が強かったので、仕方なく手仕舞い。

ADBE 3分足

ロスカット後は大きく上昇。
500株 -25ドル

AVGO 30秒足

この足のフォーメーションと含み損の状況なら、どうやってもここで手仕舞いになってしまう。

AVGO 3分足

ロスカット後、しばらくして大きく下落。
200株 -138ドル


今回のように相場の方向感が乏しいときには、チャートフォーメーションのセオリーが通じにくいのかもしれません。

デモトレード178日目 米国ナスダックマーケット 28日(火)

2月最後のトレードは、残念ながらノートレードとなりました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

最初の1分ではロングサイドへ行くと思いきや、反転してショートサイドへ。
この時点で、良くない予感が...

ロングサイド

MDCO

指数がショートサイドへ向かっているのと、上昇する力が弱そうなので見送り。

ETFC

上昇力が弱そうですが、選べると言えば選べる?
ただ指数のことを考えると、積極的には選びにくい。

GOOG

ショートサイドへ反転。候補外です。

YHOO

大きく下落。選べません。

CTSH

こちらもNG。

ショートサイド

COST

指数が下げているのに反転?候補にせず。

TXN

こちらもNG。

ESRX

こちらも候補にできず。

AVGO

少し迷いましたが、これだけ長い陰線の後は陽線が出るだろうということで候補にせず。

ADBE

長い下ヒゲを見ると候補にしづらい。


今回は、自信を持ってエントリーできる銘柄がひとつもなかったので、ノートレードという判断でした。

デモトレード177日目 米国ナスダックマーケット 27日(月)

今回はノートレードでも良かったかも?

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

エントリー前の指数は、上へ行くのか下へ行くのかわからない感じ。

ロングサイド

IBB

頭打ち感があったので選択せず。

BIIB

ダブルトップらしき形。選択せず。

PCAR

大きく下げているので選べません。

ACAD

こちらも上昇するつもりはなさそう。

DISH

出来高が無くチャートが動かず。
またここまで下げていると選択候補外。

ショートサイド

WFM

これから下げると確信できれば選べたか?

PYPL

候補にしました。

AMAT

反転上昇中。選択せず。

MSFT

最後に陰線が出ているので選びました。

AAPL

これから下げようとしているところ?候補です。

エントリーした銘柄

ロングサイド
なし

ショートサイド
PYPL、MSFT、AAPL

ナスダック指数 3分足

指数はダウントレンドから反転し、大きくロングサイドへ。

PYPL 30秒足

こういう形(ラウンドボトム)になってくると、すぐに手仕舞い。

PYPL 3分足

エントリーがこの位置だと、こういう動きでも利益にしづらい。
1000株 -70ドル

MSFT 30秒足

ずいぶんと長くホールドしていたのですが、最後はロスカットに。
長い陽線だったので、上昇の勢いが強いと判断しました。

MSFT 3分足

辛抱が必要だった?
取れていたとしても40ドルほど。
500ドル -5ドル

AAPL 30秒足

順調に下げつつあったのですが、20MAで反転。
上昇の勢いが強く、仕方なくロスカット。

AAPL 3分足

ロスカット後は上昇。
400株 -4ドル


今回は、全体的に鈍い動きでした。
ここ最近は、こういう地合が続いています。

デモトレード176日目 米国ナスダックマーケット 24日(金)

マーケット開始後10分もしないうちに、トレードが終わってしまいました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

エントリー前はダウントレンド。

ロングサイド

ACIA

エントリーしても良かったか。見逃していました。

CERN

ヒゲだらけのよくわからないチャート。
下げ基調なので選択せず。

IBB

こちらも下げつつあるよう。候補にせず。

NXPI

問題なく候補に。

TMUS

激しい動き。下げているので選ばず。

ショートサイド

AVGO

反転して逆行中。選択せず。

QRVO

すでにアップトレンドに入っている模様。選択せず。

TRIP

選択しました。

EA

反転しかけています。候補外。

EXPE

ブレイクを期待して選んだのですが...

エントリーした銘柄

ロングサイド
NXPI

ショートサイド
TRIP、EXPE

ナスダック指数 3分足

指数はアップトレンドに。

NXPI 30秒足

順調に上げつつあったのですが、途中で力つきた感じ。

NXPI 3分足

指数は上昇するも、この銘柄は追従しませんでした。
500株 +5ドル

TRIP 30秒足

一時は200ドルの含み益まであったのですが、急激な上昇で一気にマイナスに。
ここまで急だと対応ができず。

TRIP 3分足

ヒゲ先でのエントリーでした。
1000株 -290ドル

EXPE 30秒足

底打ち感の後に上昇してきたので、早めにロスカット。

EXPE 3分足

こちらもヒゲ先でのエントリー。
ロスカット後は上昇しました。
500株 -60ドル


エントリーするタイミングが、ちょうど株価が反転するタイミングと一致することが多いのは気のせい?

デモトレード175日目 米国ナスダックマーケット 23日(木)

相場全体的に渋い動き。かろうじて3銘柄エントリーできました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はダウントレンド。

ロングサイド

FOXA

逆行し始めているので選ばず。

AAL

これから上昇するところ?選択しました。

VIAB

選んでも良かったかも?実際には選択せず。

STLD

陰線が大きく飲み込んでいる。候補にせず。

ALXN

よくわからない形。選択せず。

ショートサイド

TSLA

トレンド転換しているよう。候補にせず。

ADBE

指数が弱いこともあり、候補に。

CSCO

ここまで上昇していると選べない。

LRCX

逆行し始め?選択せず。

EA

底打ち感がものすごくありましたが、指数の動きを信じて選択。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AAL

ショートサイド
ADBE、EA

ナスダック指数 3分足

指数は一貫して下落基調。

AAL 30秒足

悪い癖。
他の銘柄が早めの手仕舞いになると、こちらもつられて手仕舞ってしまい...

AAL 3分足

手仕舞い後も上昇。これを取れていればプラス250ドルほど。
1000株 +60ドル

ADBE 30秒足

指数の弱さにも関わらず、なかなか下げず、やきもきしていました。
プルバックが少なかったのでホールドを継続。

今回の相場は全体的に渋い動きだったので、30秒足の陰線が飲み込まれた時点で早めに手仕舞いました。

ADBE 3分足

その後の下げは、取れたかどうか?
400株 +104ドル

EA 30秒足

エントリー後に反転するかと思いましたがそうはならず。
こちらもなかなか下げませんでしたが、プルバック量が少なかったのでホールド。
手堅い位置でイグジットしました。

EA 3分足

レンジアベレージにほぼ到達していたことも、手仕舞いの判断になりました。
500株 +200ドル


全勝ではありましたが、昨日の500ドルオーバーの負けを埋め合わせるまでにはならず。
やはり今回のAALのような、早すぎる手仕舞いに改善の余地があります。

デモトレード174日目 米国ナスダックマーケット 22日(水)

今回はことごとく損切り。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

指数はアップトレンド。

ロングサイド

TROW

よくわからない動き。選択せず。

CERN

指数がアップトレンドということで選択。

GOOG

上部にある移動平均の束が気になりましたが、選択。

VIAB

高値のブレイクを祈りながら選択。

ADP

選んでも良かったか?足が飛び飛びだったので、候補にせず。

ショートサイド

DISH

下値の抵抗がある?候補にせず。

WBA

こちらは候補に。

TXN

戻しかけている?候補にしませんでした。

COST

大きく戻しているので候補にせず。

CLVS

候補にしました。ただ、陰線が多すぎる?

エントリーした銘柄

ロングサイド
CERN、GOOG、VIAB

ショートサイド
WBA、CLVS

ナスダック指数 3分足

指数は上下へ。

CERN 30秒足

高値を更新できずに下がってきたのでロスカット。

CERN 3分足

ロスカット後は大きく下落。
1000株 -150ドル

GOOG 30秒足

こういう形になると、もう手仕舞うしか無く。

GOOG 3分足

結局上昇するのなら、早めにしてもらいたいものです。
50株 -33ドル

VIAB 30秒足

こちらもこの形になるともう希望はナシ。

VIAB 3分足

指数に連動した動き。
1000株 -130ドル

WBA 30秒足

しばらくホールドしましたが、なかなか下げず。
安値を更新すること無く上昇してきたのでロスカット。

WBA 3分足

3分足では、反転する形になっていました。
500株 -80ドル

CLVS 30秒足

こちらも上昇トレンドを確認したのでロスカット。

CLVS 3分足

こちらももう反転する形が明確です。
500株 -110ドル


一勝もできる銘柄が無いと、やはり大きな損失になってしまいます。
また今回は、銘柄の選択が少々難しかった印象でした。

デモトレード173日目 米国ナスダックマーケット 21日(火)

今回は完全に動きを読み違えました。

ボトムスキャン

ナスダック指数 30秒足

これからショートサイドへ動くのかと思ったものの...
完全に読み違えました。

ロングサイド

AMAT

これだけ陽線が出ていたのと、指数がショートサイドへ動くという頭があったので、ロングサイドで選んだのはこの銘柄だけ。

EBAY

AMATを選んだのならこれも選ぶべきか。実際は選択せず。

LRCX

大きく下げていたので選ばず。

FNSR

この大きな下げでは候補にできません。

REGN

こちらも選択せず。

ショートサイド

WBA

エントリー前の時点ですでにレンジアベレージの2倍近く下げていました。
さすがに選べず。

CMCSA

こちらは非常に大きなギャップダウンで、実際にはチャートがつぶれてよく見えなかったので候補にしませんでした。

CERN

反転し始め?選択せず。

NFLX

指数が弱いという思いがあったので選択。

TSCO

こちらも選びました。

エントリーした銘柄

ロングサイド
AMAT

ショートサイド
NFLX、TSCO

ナスダック指数 3分足

指数は強かった。

AMAT 30秒足

この強さだとやはりホールドだったか。

AMAT 3分足

4本連続の陽線、またレンジアベレージを超えていたので手仕舞いましたが、その後も力強く上昇。
ベストのタイミングで手仕舞えていれば、500ドルくらいのゲイン。
1000株 +270ドル

NFLX 30秒足

エントリーのタイミングが底。

NFLX 3分足

難しい動き。
500株 -145ドル

TSCO 30秒足

反転を期待してしばらくホールドしましたが、ここまで来るとさすがに我慢できず。

TSCO 3分足

エントリーはヒゲの先。
400株 -124ドル


今回は、指数の動きの読み違えとAMATの利益の取り損ねが重なり大したゲインにならず。
よけいなことを考えてしまったのが裏目に出たトレードでした。